抹茶の生産量が日本一!!愛知県の西尾市で楽しめるお洒落な抹茶カフェ

スポンサーリンク
西尾 抹茶 おでかけ

名古屋から車でも電車でも1時間程度で行ける愛知県西尾市。

抹茶の生産量が日本一という事ですが、全国生産量の20%を占めているそうです。

こちらの記事ではそんな西尾市の抹茶が楽しめるカフェをご紹介していきたいと思います。

西尾で抹茶カフェを楽しみたい方は参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

カテキン堂

超レトロな建物で営業されています。

明治43年(1910年)に完成して大正8年(1919年)に現在の場所に移転。

木造の2階建なのですが、過去には郵便局として使われた後に病院・碁会所・倉庫と様々な役目を経て、平成20年(2008年)にリノベーションされ現在のカテキン堂になりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

akfm511(@akfm511)がシェアした投稿

カテキン堂のおすすめメニュー

ズバリ「カテキン焼き」です。

ポストのデザインが入った抹茶色の大判焼きです。

大判焼きは中身によって価格が異なりまして、抹茶つぶあんとカスタードが150円。

チョコレートが160円で栗入りつぶあんが最高級で200円します。抹茶ソフトもありますよ。

コーラも置いてありましたが、ビンのタイプでレトロ感があります。

セルフ抹茶なるものがあり、実験的に注文してみたところ、お湯を出す機械がめちゃめちゃわかりにくい。

店長さんの説明が少しわかりにくかったですが、抹茶を飲みながらカテキン焼きを食べるのはオススメですよ。

復活メニューらしい「mini抹茶クレープ」も絶品でした。

抹茶生地クレープの中にはホイップクリーム・カスタード・イチゴダイス・ナタデココが入っており、絶妙な組み合わせになっていました。

抹茶✖️抹茶クレープもアリですね。

お店の住所と営業時間

愛知県西尾市鶴ヶ崎町4ー11

金・土曜・日祝祭日 10時ー18時

駐車場

10台程度近くにあります

この駐車場には全体が緑のレトロカーが止まっており、ポスト君が乗っています。

撮影スポット間違いなしですね。

抹茶ラボ 西尾伝想茶屋店

2018年の2月にオープンした抹茶ラボ 西尾伝想茶屋店。

こちらは観光客のみならず地元のお客様も多いとの事で皆から愛されてますよね。

NPO法人の西尾幡豆まちづくり観光プロモーションさんが運営されているそうです。

スターバックスに近い感じでカウンターで注文→受け取り→着席というセルフ方式。

 

この投稿をInstagramで見る

 

な(@aicafe96)がシェアした投稿

抹茶ラボ 西尾伝想茶屋店 (西尾/パフェ)
★★★☆☆3.31 ■予算(昼):¥1,000~¥1,999

おすすめメニュー

ズバリ「抹茶エスプーマ」です。

エスプーマとは?世界一予約のとれないレストランとして有名であったスペイン「エル・ブリ」。ここのシェフ、フェラン・アドリア氏が、オーストリア製のソーダサイフォンを使い、食品に亜酸化窒素ガス(N₂O)を添加することで「空気のように軽い泡」の料理を作ったことが話題となりました。それが“エスプーマ”です。この画期的な発想は、すぐにスペイン各地に、そしてヨーロッパ、アメリカ、日本にも伝わり、そのレシピが世界中を駆け巡りました。

引用 

甘過ぎない絶妙な感じがまた良くて、フワフワのエスプーマがお口の中で溶けて行きます。

金時抹茶エスプーマは1100円也。

純西尾産の抹茶✖️穂積堂さんのあんこ最強タッグですね。

尚古荘

抹茶ラボさんを語る時に必ず話題に上がるのが、すぐお隣にある日本庭園の尚古荘です。

無料で完璧にお手入れされた素晴らしい庭園を見る事ができるのです。

縁側でほっこりできますし、ここは是非とも紅葉の季節に訪れて欲しいですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Annan 阿南.Japan 日本(@annan3333)がシェアした投稿

お店の住所と営業時間

愛知県西尾市錦城町122

10時ー17時(LOは16時半)月曜日はお休み

名鉄西尾線「西尾駅」下車 タクシーで約10分 無料の駐車場あり。

あいや本店

創業は明治21年の老舗。

抹茶和菓子はもちろんですが、ラテやパフェさらにアイスなんかも楽しめます。

「抹茶ミュージアム」を併設していますが、事前の予約が必要です。

まず店内に入って目を引くのが綺麗に並べられた茶碗。

抹茶をモチーフにした雑貨の販売コーナーもあります。

あいや 本店 (桜町前/甘味処)
★★★☆☆3.48 ■西尾抹茶の代表格『西条園 抹茶カフェ(あいや本店)』の抹茶スイーツ ■予算(夜):~¥999

おすすめメニュー

ズバリ「抹茶ティラミス」です!

数量限定なのですが、升に入って登場します。

スポンジ・小豆クリーム・抹茶わらび餅と甘栗、、、これらがホワイトチョコレートでフタをされた状態で提供されます。

宝石箱というフレーズをここで使っても全く問題ありません!

注意点としては抹茶が濃いめ&ボリューミーなので朝ごはんは軽めで挑戦お願いします。

いや、デザートは別腹理論ですかね。

お店の住所と営業時間

愛知県西尾市上町横町屋敷15

9時半ー18時半 イートインは17時半まで

名鉄西尾線「西尾駅」下車 タクシーで約10分です。

無料の駐車場あり。

西尾市の抹茶カフェのまとめ

名古屋から電車でも車でも小一時間で着いてしまう西尾市。

抹茶の生産量日本一をフル活用した素敵な町だと思います。

今回は駅の比較的近くでしたが西尾市は結構広いです。

南側(三河湾の方)にもお洒落なカフェがありますので、また別の記事でご紹介したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました