アド街ック天国! 昭和の渋谷 全ランキングまとめ 2021年2月13日放送 

スポンサーリンク
アド街ック天国(テレビ東京) 2021年2月13日放送は「昭和の渋谷」が紹介されました。 今回は渋谷に出没! アド街

アド街ック天国(テレビ東京) 2021年2月13日放送は「昭和の渋谷」が紹介されました。

今回は渋谷に出没!

渋谷にこんな渋い場所があったのか!を発見できる回でした。

スポンサーリンク

アド街 昭和の渋谷 20位 三千里薬品

アド街 昭和の渋谷20位は「三千里薬品」です。

駅前のスクランブル交差点の一角で昭和37年に創業。

住所 東京都渋谷区神南1-23-8
電話 03-3463-7583

藤山産業 渋谷ハチ公前本店

昭和37年創業の三千里薬品のお隣にある天津甘栗屋さん。

住所 東京都渋谷区神南1-23-8
電話 03-3476-0580

アド街 昭和の渋谷 19位 BAR門

アド街 昭和の渋谷19位は「BAR門」です。

昭和24年創業。創業当時、ジンロックや、赤玉を使ったオリジナルカクテルが人気

 

この投稿をInstagramで見る

 

@yasuo_sugimotoがシェアした投稿

住所 東京都渋谷区宇田川町28-13
電話 03-3476-7236

アド街 昭和の渋谷 18位 山漁洞

アド街 昭和の渋谷18位は昭和42年創業「山漁洞」です。

井伏鱒二などの著名人も通った和食の名店。

名物は「ぶり大根」。

住所 東京都渋谷区桜丘町25-18 NT渋谷ビル 1F
電話 03-3461-3344

アド街 昭和の渋谷 17位 青春の定食

アド街 昭和の渋谷17位は「青春の定食」です。

腹ペコな昭和の若者たちに人気を集めた「安くて美味しい」お店の数々。

とりかつCHICKEN

昭和52年創業の百軒店の細い路地にある揚げ物専門の定食屋さん。

13種類の揚げ物の中から好きな物を2品選べる定食が700円。

さらに、コロッケにハムカツ、トリカツの人気の3種類がのった、その名も「人気定食」は、一品多いのに値段そのままの700円。

 

この投稿をInstagramで見る

 

カキコ飯(@kakikomeshi)がシェアした投稿

住所 東京都渋谷区道玄坂2-16-19 都路ビル 2F
電話 03-3461-0298

精陽軒

大正3年創業の青山学院大学のすぐそばに構える中華料理店。

洋食屋さんとしてスタートし、昭和42年に中華料理店に転身。

人気は昭和を感じる東京ラーメンと&チキンライスにチリソースを絡めた唐揚げをのせた1日限定50食の「中華風チキンライス」。

 

この投稿をInstagramで見る

 

土居克義(@kadokkak_07122256)がシェアした投稿

住所 東京都渋谷区渋谷2-1-9
電話 03-3400-6334

アド街 昭和の渋谷 16位 ファッション発信地

アド街 昭和の渋谷16位は「ファッション発信地」です。

 「ファッションの聖地」として数々のブームを生んだ渋谷。

昭和52年に「ビームス」が、昭和54年には、アメカジの「レッドウッド」が渋谷に開店。

BEAMS MEN 渋谷

昭和52年創業。日本の若者カルチャーを牽引してきた。

住所 東京都渋谷区神南1-15-1
電話 03-3780-5500

REDWOOD

昭和54年創業。アメカジでオシャレな若者たちを熱狂させました。

住所 東京都渋谷区鶯谷町3-1 SUビル1F
電話 03-6277-5130

SHIPS 渋谷店

昭和50年、渋谷の路地裏にオープンした「ミウラ&サンズ」

日本初のセレクトショップと言われている。現在の「SHIPS」。

住所 東京都渋谷区神南1-18-1 神南1丁目ビルB1-4F
電話 03-3496-0481

アド街 昭和の渋谷 15位 ラーメンのレジェンド

アド街 昭和の渋谷15位は「ラーメンのレジェンド」です。

 渋谷には、長きに渡って愛されてきたラーメン屋の名店がある。

喜楽

昭和27年創業。中華麺(700円)。

数種類のネギを刻み、低温でじっくり揚げています。

台湾出身の初代が、日本人の味覚に合わせて生み出した一杯なのです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

りう(@riu38929)がシェアした投稿

住所 東京都渋谷区道玄坂2-17-6
電話 03-3461-2032

串焼き 千羽

並木橋交差点にあった「有昌」も昭和の伝説的ラーメン店。

透き通ったスープの「しいたけソバ」が名物。

8年前に閉店でしたが、円山町にある「串焼き 千羽」のランチで伝説の味が昨年復活!

 

この投稿をInstagramで見る

 

中華有昌(@yushokazuo.sbynkb)がシェアした投稿

住所 東京都渋谷区円山町17-2
電話 03-3780-0285

アド街 昭和の渋谷 14位 ライブハウス

アド街 昭和の渋谷14位は「ライブハウス」です。

 渋谷には、多くのミュージシャン達に愛されてきたライブハウスが数多くあります。

渋谷のライブハウスの先駆け、と言われるのが、センター街で昭和50年にオープンした「屋根裏」。多くのバンドマンに愛されました。

渋谷 La.mama

昭和57年オープン。ブレイク前のミュージシャンが多数出演していた。

住所 東京都渋谷区道玄坂1-15-3 プリメーラ道玄坂B1F
電話 03-3464-0801

shibuya eggman

昭和56年オープン。多くのスター達の青春の場所。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Seira Osawa(@seira_takosu)がシェアした投稿

住所 東京都渋谷区神南1-6-8 B1
電話 03-3496-1561

アド街 昭和の渋谷 13位 しぶちか

アド街 昭和の渋谷13位は「しぶちか」です。

 戦後間もない頃は闇市だった現在の109の周辺や駅前広場。

そこに出ていた露店商を集め、昭和32年にできた地下街です。

地下街は、現在改装工事中で2021年初夏に、新たな姿で再オープン予定。

アド街 昭和の渋谷 12位 壁の穴

アド街 昭和の渋谷12位は「壁の穴」です。

昭和38年オープンの「和風スパ」の元祖。

今では当たり前になった「納豆スパ」や「たらこスパ」も。

住所 東京都渋谷区道玄坂2-25-17 カスミビル 1F
電話 03-3770-8305

アド街 昭和の渋谷 11位 魚力

アド街 昭和の渋谷11位は明治28年創業「魚力」です。

仲良し家族で切り盛りする、昔ながらの魚屋さん。

昭和60年から定食屋さんの営業を開始。

さば味噌煮定食は、頭側の「カミ」か、尻尾側の「シモ」か好みの方を選べます。

住所 東京都渋谷区神山町40-4
電話 03-3467-6709

アド街 昭和の渋谷 10位 元祖くじら屋

アド街 昭和の渋谷10位は「元祖くじら屋」です。

昭和25年創業。東京でも珍しい鯨料理の専門店。

文化村通りから、2年前、道玄坂に移転。名物は「くじらのから揚げ」。

懐かしの「ゲイカツ」は、くじら屋では創業当時からチーズ入り。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@minami_no_doraがシェアした投稿

住所 東京都渋谷区道玄坂2-6-15 鈴井ビル 3F
電話 03-3461-9145

アド街 昭和の渋谷 9位 タワーレコード渋谷店

アド街 昭和の渋谷9位は「タワーレコード渋谷店」です。

道玄坂で人気を博した「ヤマハミュージック東京」など、渋谷には音楽好きの心を震わせる場所があった。

昭和56年、宇田川町に「タワーレコード」が進出し、洋楽ファンの聖地となった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lost in Japan (@yoko_lost_in_japan)がシェアした投稿

住所 東京都渋谷区神南1-22-14
電話 03-3496-3661

アド街 昭和の渋谷 8位 渋谷西村總本店

アド街 昭和の渋谷8位は「渋谷西村總本店」です。

明治43年に創業し、昭和10年、渋谷に出店した高級フルーツ店。

お店の2階にあるフルーツパーラーは、オシャレをした若者が集まる場所でした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ayumu.spherbit(@ayumu.spherbit)がシェアした投稿

住所 東京都渋谷区宇田川町22-2
電話 03-3463-1001

アド街 昭和の渋谷 7位 麗郷

アド街 昭和の渋谷7位は昭和30年創業「麗郷」です。

かつて渋谷にあった「恋文横丁」。

そこにお店を構えていた台湾料理店は場所を変えても変わらぬ人気を誇ります。

店内も、焼きビーフンや腸詰めなどの名物メニューも移転した頃から変わっていない。

 

この投稿をInstagramで見る

 

宮本 一夫(@kazuo_miyamoto)がシェアした投稿

住所 東京都渋谷区道玄坂2-25-18
電話 03-3461-4220

 

アド街 昭和の渋谷 6位 百軒店

アド街 昭和の渋谷6位は「百軒店」です。

昭和30年代には、映画館やカフェが並び、渋谷における娯楽の中心地だった場所。

今は美味しい名店が集まる。

名曲喫茶ライオン

昭和元年創業の名曲喫茶。

音響メーカーに特注した巨大スピーカーは、コンサートホールにいるかのような臨場感を味わえます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroki Suzuki(@antennarm)がシェアした投稿

住所 東京都渋谷区道玄坂2-19-13
電話 03-3461-6858

アド街 昭和の渋谷 5位 のんべい横丁

アド街 昭和の渋谷5位は「のんべい横丁」です。

現在の東急本店通りや、道玄坂付近に出ていた屋台が集められ、昭和25年に誕生した横丁。めまぐるしく変わる渋谷の中でも、ディープな昭和の風情が今も残る。

アド街 昭和の渋谷 4位 渋谷公会堂

アド街 昭和の渋谷4位は「渋谷公会堂」です。

昭和39年に開催された東京オリンピックのウエイトリフティングの会場として建てられた。

東京オリンピックの日本勢、金メダル第一号はここで誕生した。また、様々な番組の公開収録もここで行われてきた。

LINE CUBE SHIBUYA

2019年に建て替え工事が終了し、新名称「LINE CUBE SHIBUYA」として新たなスタートを切った。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@__a01__がシェアした投稿

住所 東京都渋谷区宇田川町1-1
電話 03-5457-3304

アド街 昭和の渋谷 3位 花菱

アド街 昭和の渋谷3位は「花菱」です。

遠藤周作や志賀直哉など数多くの文人に愛された鰻の名店。

大の鰻好きとして知られる、歌人 斎藤茂吉もよく通っており、多い日は1日2回も。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yokoi Yoshimasa(@44masa451)がシェアした投稿

住所 東京都渋谷区道玄坂2-16-7
電話 03-3461-2622

アド街 昭和の渋谷 2位 ハチ公像

アド街 昭和の渋谷2位は「ハチ公像」です。

昭和7年、新聞記事から大きな話題となった秋田犬の“ハチ”。

駅前で、亡くなった主人を待ち続ける姿が感動を呼んだ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yoshiko Maeda(@yomaeda11)がシェアした投稿

アド街 昭和の渋谷 1位 娯楽の殿堂

アド街 昭和の渋谷1位は「娯楽の殿堂」です。

昭和9年、関東初のターミナルデパート「東横百貨店」が開業。

渋谷が若者の街となったきっかけと言われているのは、昭和48年の「パルコ」の開業。

アパレルショップのみならず、劇場やミュージアムも備え、新たな文化を発信した。

渋谷ヒカリエ

文化会館の跡地に建つ複合施設。

住所 東京都渋谷区渋谷2-21-1
電話 03-5468-5892

過去の出没はこちらです

アド街ック天国! 錦糸町 全ランキングまとめ 2021年2月6日放送 

アド街ック天国! 平和島 全ランキングまとめ 2021年1月30日放送 

アド街ック天国! 日本橋兜町•茅場町 全ランキングまとめ 2021年1月23日放送

アド街 昭和の渋谷 まとめ

渋谷と言えば若者の街のイメージ。

でもそれは昔から変わらないのですね!流行の発信地ですね⭐︎

 

ランキング参加中です!

お役に立てた場合は是非応援クリックお願いしますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました